感 想

2017年度

~6月(アロマ)~

 6月の感想を書いている今は既に9月です。季節を一つ越してしまいました。さて、その6月の定例会では講師の山本先生を呼んでアロマを勉強しました。私は3回目の勉強会でしたが、毎回香りの世界に驚かされます。参加者がお互いにアロマオイルを使ったマッサージを体験しました。香りだけでなく身体の接触も人を落ち着かせ安心させるとのこと。中にはアロマオイルのベタつきが苦手な方もいらしたようですが、日ごろの疲れをリフレッシュできる良い機会となりました。

 アロマの勉強会を終え、私は参加者の男性と2人でお茶を飲んでいました。男性が『ボケ防止』にやっているというスマートフォンの脳トレで遊ばせてもらいましたが、私はちっとも課題をクリアできません。「ここはこうやんねんで」「こういうのは、こうしたほうがええで」と男性に教えてもらいながら、なんとか私も最初の課題はクリアできましたが、日ごろからやっている方には叶わないなあと脱帽しました。

 ほのぼのとゆっくり時間を過ごした6月。猛暑を乗り越えて、またこの9月の定例会も楽しみましょう。

~4月(花見)~

 2016年度の後半は愛都の会に参加できておらず、感想の更新が途絶えておりました。楽しかったんだろうなあ。今年度も楽しい時間を過ごしましょうね。

 さて4月は桜を観に天王寺の『てんしば』に行ってきました。喧騒を吸い込むような花曇りの中、参加者それぞれ足の遅速を味わい「どの桜も若いなあ」と『てんしば』の桜を批評していました。私たちの目の前を幼い子どもがシャボン玉を追いかけていく長閑さに自然と笑顔がこぼれました。

 幾人かは少し足を延ばして慶沢園にもいきました。都会の喧騒を離れて心静かな場所になれる素敵な場所です。風格のある桜は池のほとりに咲いていました。車いすの参加者も行けるところまで行きましたが、庭園の一周は叶わず心残りもありました。それでも、みんなで車いすを持ち上げて段差をあがり池の周囲を一望できる東屋にみんなで一緒に腰を下ろしたときはとても気持ちの良い風が吹いていました。できることそれぞれ、できるかぎりのことを無理なく、これが人とのつながりであるなあと思います。気軽に手を貸しあえる関係の中で、愛都の会がもっと参加しやすいものになればいいですね。

川北

inserted by FC2 system