感 想

2017年度

~4月(花見)~

 2016年度の後半は愛都の会に参加できておらず、感想の更新が途絶えておりました。楽しかったんだろうなあ。今年度も楽しい時間を過ごしましょうね。

 さて4月は桜を観に天王寺の『てんしば』に行ってきました。喧騒を吸い込むような花曇りの中、参加者それぞれ足の遅速を味わい「どの桜も若いなあ」と『てんしば』の桜を批評していました。私たちの目の前を幼い子どもがシャボン玉を追いかけていく長閑さに自然と笑顔がこぼれました。

 幾人かは少し足を延ばして慶沢園にもいきました。都会の喧騒を離れて心静かな場所になれる素敵な場所です。風格のある桜は池のほとりに咲いていました。車いすの参加者も行けるところまで行きましたが、庭園の一周は叶わず心残りもありました。それでも、みんなで車いすを持ち上げて段差をあがり池の周囲を一望できる東屋にみんなで一緒に腰を下ろしたときはとても気持ちの良い風が吹いていました。できることそれぞれ、できるかぎりのことを無理なく、これが人とのつながりであるなあと思います。気軽に手を貸しあえる関係の中で、愛都の会がもっと参加しやすいものになればいいですね。

川北

inserted by FC2 system